That's Life

Date : 2014年12月

ゆっくりテレビを見ています

今年も一年、本当にありがとうございました

皆様にとって来る年が
心穏やかな年でありますように
笑顔いっぱいの年でありますように
心よりお祈り申し上げます





2014.12

香り

誰も住んでいない家の庭
そこには、いろいろな木が植わっていた
私は、それぞれの木に思い入れがある

しかし、それを知らない人は
邪魔だ!とばかり
こんなに簡単に切ってしまうのだな

年の瀬になると
私は、その枝を何本か切って玄関に活けた
何とも優しく甘い香り

大好きな蝋梅の花





太い幹にただ一本だけ残った枝に
数厘の花が咲いていた
いつもと変わらないその香りが
こんなにも寂しく感じる日が来るとは
思っても見なかった


2012.1

理不尽

友達から電話が入る
仲の良かった人が亡くなったと泣いている
優しく思いやりのある誰からも好かれていた人
両足を切断した息子を抱え
それでも明るく頑張っていた人が
ガンになり余命を宣告され、自分の最期を知る

どうして?!

友達は声を振り絞り、私に訴える
そんな人が何故、若くして死ななければいけない





口から物を食べられず
ただ横たわって息している人を見る
表情もなく何か独り言を呟いている
何を言っているのだろうと耳を近づける
31・32・33・34・35・・・
ブツブツと数字を繰り返している
しばらくボンヤリとその姿を見つめる

どうして?!

私は自分の心に問う
こんな形で生きている事が幸せなのか

世の理不尽さに心乱す
これが人生か…


2014.12

見方

今はただ
キミとの時間を大切にしたい

難しいと知れば知るほど
欲求だけが高まる





横目で呆れて見ていた私も
もう、そんな目で見ないだろう
人にはそれぞれ
いろいろな事情がそこにある

今を今、大切にしなければ
きっと後悔する


2014.12

確かに感じたんだ
夢でキミの手の温もりを





2014.11

ナンキンハゼ




今年もきれいな彩りに癒されたなぁ…


2014.11

次元

一日の中で
私はいろいろな場所にいるけれど
この場所だけは
あまりにも不思議で特別で
横たわる人を見ていると
次元が違うような錯覚に陥ってしまう





2014.11

理由がウソに思える

「ゴメンね」って…

突然のお願いにOKを出したのは
「とにかく行きます」って言ったのは
あなた





2014.11




口から物を食べられる幸せ


2014.11

プロフィール

星野

Author:星野

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

Top